気になる人が自分を真顔でみつめる時の恋愛心理
気になる人が自分を真顔でみつめる時の恋愛心理

誰かがあなたのことを真顔でじっとみていたら、
それはその人があなたの事が今気になっていると判断するべきでしょう。

少なからず、あなたと関わる気があるのは確実といえます。

真顔で誰かをじっと見るなんて行動をとれば
もしかしたら相手に話しかけられてしまうかもしれません。

なのに関わらず、ずっと見つめるという行為を行えるのは、
あなたから話しかけれる可能性もあると理解していると言えるからです。
 

なので気になる人、好きな人に見つめられているのであれば
是非話しかけてみるといいでしょう。

もしかしたら真剣な話があるかもしれませんし、
それにより更に親密な仲に進展できるかもしれないのです。
 
 

男女による感覚の違い

女性は気になる人を遠目に見つめることはできますが、
近くにいるとそれはとたんに難しくなります。

ですが逆に、男性は気になる相手をとにかく見つめていたいと
近くにいる時でも見つめられる人が多いのです。

なのでじっと見られていれば、
あなたに興味があると言えるのです。

そして女性は気持ちが男性にバレてしまう事を恐れ、
近くで見つめることを避けてしまいます。

全ての人がそうだとは言えませんが、
男女によってそういった差がよく現れるのは確かでしょう。

恋人が真顔で見つめてくれる時は

好きな人にその気持ちを伝える行為はとても難しいですよね。

相手のことが本当に好きであれば
あるほどそれは困難なことといえるでしょう。

いきなり伝えていいかな、不安だし恥ずかしいな
という気持ちが邪魔をするのです。

そうすると自分の中ではどれだけ好きか伝えたい気持ちが溢れているのに、
どうしても言葉が詰まってしまうなんてことになります。

言葉は出てこないけど、どうしても伝えたい、
そうなると次は相手の目を見つめることで気持ちを伝えようとするのです。

相手がいきなり真顔になり、あなたの顔をじっと真顔で
見つめてきたらまずそうなる前のことを思い起こしてみましょう。

そこで相手を怒らせるようなことを何もしていなければ、 
それは言葉を伝えられないが為の真剣な気持ちからくる真顔かもしれません。

そうゆう瞬間の真顔は相手の目が違うので、きっとあなたに伝わるはずです。
 
 
あなた自身も照れてしまうとは思いますが、
そんなときはあなたも精一杯の気持ちで応えてあげるといいでしょう。

好きな人に気持ちが伝わる瞬間はこの上なく幸せなものです。

真顔だからといって、怒っていると思い込むのはやめて
これからはどういう気持ちからきている表情か観察してみてくださいね。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート