謝るときの恋愛心理は男女によって変わってきます
謝るときの恋愛心理は男女によって変わってきます

女性にとっての謝罪は、人間関係を上手く保つが為の
要素といった意味合いをもつ事が多いです。

恋愛においても、謝罪において男女の感覚が食い違うことは
非常に多くそれによりさらに火に油を注ぐような状況になることもあります。

例えば恋人と喧嘩をした時、あなたからすれば目に見えて
相手が悪いのに謝ってもらうことが出来ず、
理解に苦しんだり悲しくなるような経験をしたことはありませんでしょうか。

そういった経験をしたことがある女性は実はとても多く、
その点からも男性と女性の「ごめん」への感覚の違いが見受けられます。

男性にとっての謝罪とは

大きな失敗を犯してしまった時、男性はすぐに
素直に謝ることが出来ないことがあります。

なぜなら失敗が大きければ大きいほど彼自身動揺しており、
あなたを失望させてしまうかもと極端に恐れてもいるのです

そんなにも動揺している時に、あなたが非難してしまうと
男性はどう処理していいのか判断がつかなくなり
八つ当たりのような行為をとることも考えられます。

彼が動揺している時、女性がとれる1番効果的な対処方法は
そっと男性を見守ることです。

落ち着くまで待ってあげる事がとても大切なのです

恋人と喧嘩をした時

謝るときの恋愛心理は男女によって変わってきます.

恋人と喧嘩をするのは決して悪いことではありません。

もしほとんど衝突がなく円満な関係というのなら、
もしかしたらどちらかが遠慮し相手に対して譲歩している可能性が高いからです。

そして喧嘩自体は悪いことではないのですが、
ここで問題なのが喧嘩した時の解決方法です。

この解決方法は実はかなり多くの女性に該当するもので、
その解決方法は“喧嘩を収束させたいが為に自分から謝る”といった行為です。

実際私も喧嘩となると自分から謝る事が多かったですし、
周りの友人も女性側から折れて謝ることが多いと聞きます。

ですがこの行為は実は女性が絶対に行ってはいけない行動であり、
本来この先に謝るといった行動は男性がとるべきだからです。

また例外も当然あり、自分に非があるときや怒られた理由に
納得できている際は必ず自ら謝罪すべきです。

この行ってはいけない謝罪というのは、彼と喧嘩することで
気まずい状態が続くのが堪えられない、だから謝罪する。

これは絶対にしないようにしてください。

気まずくなるのが堪えられない気持ちは痛いほどよくわかるのですが、
それだけの理由で悪くもないのに先に謝罪してしまうと
その時はうまくいったとしてもいつまでも彼と心の底から
本当に分かりあうことができなくなってしまうからです。

喧嘩であなたが先に簡単に謝り続ければ、
それに比例するように彼はどんどんあなたの事を軽視していきます

そうならない為にも、なかなか改善は難しいことではありますが
ゆっくりと直していく事がこれからの彼との未来の為にも必要だといえるでしょう。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート