男性が腕を組む時の恋愛心理にはどのような理由があるのでしょうか
男性が腕を組む時の恋愛心理にはどのような理由があるのでしょうか

人はどういった時に腕を組むのか例を挙げてみると
不機嫌であったり、考え込んでいる時
という印象が一般的だとわかります。

後はその人が無意識のうちによく行う癖でも
この腕を組むといった行為はよく見られるでしょう。

ですがこの腕を組むという行動は先ほど例をあげたもの以外にも
様々なタイプがあるのです。

腕組にも種類があります

腕を組む際の姿勢は、胸の前で腕を交差させている状態です。

これは、心臓を無意識に守っているから現れる行為で
防御的な意味を表します。

そのためこの姿勢をとっている人は一般的に、
相手に対する拒絶などや自分の身を無意識のうちに守っているといえます。

また話している際相手が腕を組んでいるのであれば、
あなたが話している内容に賛同していなかったり、
反対の意見があったりするといった可能性が考えられます。

しかし腕組は否定的な意味だけではなく、不安を感じている時や
そういった感情を隠したいが為に表れていることもあります。

この場合は拒絶的な意味ではなく、相手に対する恐怖心があることで
自然と自分を守ろうとしてこういった行動に出るのです。

そして逆に相手に対して優位に立っていると
感じている時もこの姿勢は現れます。

例えば身体の高い位置で腕組をしていたら相手への優越感であったり
威圧といった心理状態からきていると思うべきでしょう。

マイナス要素だけではない腕組

否定的な意味合いが多いと思われがちな腕を組むといった
姿勢の中で肯定的な例を挙げると、
人は考え込む際腕を組むなどが出てきます。

この場合腕の位置は低く、お腹のあたりで腕を組むことになります。

恋愛における腕組みを考えてみると

例えば肘が下を向き、自分の身体を守るようにして
腕を組んでいたらそれは自己親密行動からくるものです。

あなたといる時、話している時にこの姿勢が出ていたら
それはもしかしたらあなたと話している事で男性は
とても緊張していまっていて、そういった感情を隠すために行っているかもしれません。

そして男性に限らず必死になって人になにかを伝えたい、
コミュニケーションがとりたいと思っている時は
自然と身振り手振りが大きくなることが多いです。

腕を組むというのは、今あなたと話していることについて
納得していなかったり心のうちでは別の意見があるのに
それを口に出さず納得していない可能性も考えられます。

ですので例えば、彼と大切な話をしている時に
ずっと腕を組んでいることなどに気づいたら自分の意見を伝えるだけでなく、
相手が話しやすい雰囲気を作ってあげ、内に秘めているかもしれない意見を引き出す

努力をしてみるとよいでしょう。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート