恋愛心理的に有効な男性の呼び方ができるようになろう
恋愛心理的に有効な男性の呼び方ができるようになろう

好きな人に意識してもらえたり、
もっと仲良くなる手段として
有効な方法の一つが名前の呼び方です。

しかし今まで苗字で呼ぶことが定着していた相手を
名前呼びするのはなかなか難しいと思います。

自分の事をずっと苗字で呼んでいた人がある日突然下の名前で
呼んでくるようになったら何があったのかと驚きますよね。

あなたはもちろんのこと、周囲にいる友人もびっくりすると思います。

そこで仲良くなるためにも、名前呼びに切り替える
タイミングがとても重要になってくるのです。

違和感なく名前呼びに切り替えるには

まず楽な方法でいうと、盛り上がっているその場の勢いで
言ってしまうのが実はてっとり早いです。

特にお酒などが入っている飲み会の場などでしたら、
全体のテンションも高いですし違和感なく
その場のノリといった形で切り替えれるでしょう。

また、勇気がいりますが名前で呼んでほしいと
直接言うのも方法の1つです。

会話の中に他人行儀だからや、皆下の名前で呼んでいるからと
さり気なく理由をおり交ぜて頼んでみるといいでしょう。

そこで彼がじゃあ俺もそうすると了承してくれれば
そのチャンスを逃さないようにしてください。

あくまでさり気なくじゃあ私も下の名前で呼ぶね、ということで
違和感なくお互いに名前呼びに切り替えることができるはずです。

そしてどちらもハードルが高くて無理だという方には
lineなどで提案してみるのもいいでしょう。

そんなに重く考えず、軽い気持ちで聞いてみることで
彼も抵抗なく受け入れてくれるはずです。

恋人の名前の呼び方は

恋人同士だからといって必ず下の名前で呼び合っているとも限りません。

苗字で呼び合っている方もいますし、あだ名で呼び合うカップルもいます。

それは恋人関係になる前の関係も影響していて、
どちらかが年上だとさん呼びになることもありますし
仲のいい友人同士であったならそのままの流れで
あだ名で呼び合ったりするのです。

どんな呼び方をするのも人それぞれですし、
それらで親密度が図れるわけでもありません。

ですがやっぱり、好きな人に下の名前で呼ばれることは特別な響きがあります。

特に下の名前で呼び捨てるのは親しいものの特権です。

相手が異性だけに限定するとさらにその特別感は増すでしょう。

下の名前で呼ぶことにより、片思いの状況であっても
恋人同士で会っても親密度は上がります。

なぜならそうやって呼ぶ人に人は自然と特別感を感じるからです。

好意のない相手に下の名前で呼ばれると不快感を示す人は多いです。

もしあなたが相手に名前呼びを受け入れられているのであれば、
少なからず相手はあなたへ好意をもってくれていると言えるでしょう。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート