好きな人にヤキモチを妬く恋愛心理
好きな人にヤキモチを妬く恋愛心理

嫉妬というのは恋愛において
なかなか切り離せない感情といえます。

片思い中でも、恋人になったとしてもヤキモチは妬きますし、
妬かないように気を付けていれるものでもありません。

そしてヤキモチを妬くタイミングや理由は人によって異なり、
それはなかなか他人が予測できるものでもないのです。

突然嫉妬され、怒られたがどれが理由でそうなってしまったかわからず
困ってしまうなんて経験をしたことがある人も少なくないでしょう。

自分からすれば嫉妬する範囲に含まれていない出来事でも、
もしかしたら相手からすれば許しがたい事の可能性もあるのです。

そういった食い違いをしていたまま付き合いを続けてしまうと、
お互いにズレが生じてしまい喧嘩の原因になってしまうこともあります。

そうならない為にも恋人がいる人はしっかりと話し、
相手の価値観を知っておくのも重要なのです。

ヤキモチに気持ちの大きさは関係ない

人によっては嫉妬心とは無縁だといえるような人もいますし、
逆に少しの事にもすぐ嫉妬し束縛するような人もいます。

嫉妬しないからといって相手のことがそこまで
好きではないなんてことはありません。

どれだけ相手が好きでも嫉妬心をもたない人もいます。

そして凄くヤキモチやきで束縛が激しいとしても、
本当は案外あなたのことをそこまで好きではない人もいます。

こういったことからまず言えるのは、ヤキモチの度合いによって
相手からの気持ちは推し量れないということです。

どうして嫉妬してしまうのか

ヤキモチを妬く理由は様々で、
自分に自信がなかったり
相手とのコミュニケーション不足であったり、
独占欲からくるものもあります。

例えば自分に自信がない人は、恋人からの連絡が減ってしまっただけで、
もしかして嫌われてしまったかも、や飽きられてしまったか、
などの不安な気持ちに苛まれるでしょう。

本当は相手が今忙しいだけかもしれないのに、
どうしても卑屈になり考え込みやすい人もいるのです。

そんな時に相手がほかの異性と少しでも仲良くしている姿を見てしまうと、
気持ちに余裕があれば許せたはずなのにその場では頭に血がのぼり、
激しい嫉妬心が芽生えてしまう、なんてこともあります。

また自尊心やプライドが高い人は相手からの愛情が自分以下だと感じれば、
今まで以上に行動を束縛しようとします。

そして話し合いが不十分のカップルもお互いに嫉妬しやすい状況といえるでしょう。

なぜなら信頼関係を築ききれていない為、
相手が浮気をするかどうかも判断がつかないからです。

これは長い付き合いになり信頼関係が構築されたりや、
相手から愛されていると自信をつけていくことで
ある程度はましになっていくでしょう。

ヤキモチを妬いてしまった時にまず大切なのは冷静になることです。
感情的になって冷静さが欠けた状態で相手を追い詰めると
それが原因で深い溝が出来てしまう場合もあります。

確かに相手が浮気などをしてあなたを裏切っている
可能性も考える事が出来ますが、
反対にあなたの勘違いの可能性もあるということを忘れてはいけないのです。

嫉妬は誰にでもあるいわば当たり前の感情です。

ですがそれにより人間関係を壊してしまうことも少なくはありません。

そんなことにならない為にも、ちゃんと相手との信頼関係を構築し、
もしヤキモチを妬いてしまったらます冷静になるという事を
心掛けるのがとても重要だといえるです。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート