LINEで好きな人の恋愛心理を読んで電話するようにしよう
LINEで好きな人の恋愛心理を読んで電話するようにしよう

好きな人と気軽にLineは出来ている状態でも、
なかなか電話をすることはハードルが高いと思います。

ただ電話はメールやLineよりも相手との距離を縮めやすいですし、
好きな人の声を聴きたいと思う恋心もあるでしょう。

ですが何も用件がない時にいきなり電話をすると
相手もびっくりしてしまいます。

電話はかけるタイミングや頻度、内容などがとても大切なのです。

電話をかける時はまず理由を見つける

好きな人に声が聞きたいから電話していいかな、
なんて聞くのはなかなか難しいことだと思いますし、
相手とあなたとの距離によってはその一言で引いてしまわれる恐れもあります。

そんなことにならない為にも自然に電話できる
理由づくりをすることがまず必要なのです。

例えば相手とLineなどでやり取りをしているのであれば、
文章では長くなってしまうし電話で話したいなんて
理由をつけてLineの延長として電話したら自然な流れだと思います。

また用件もないのに気軽に雑談などの為に電話するのは、
ある程度親しくなってからにしてください。

それまでは相談があったり、
なにか用事があるときに電話するようにしましょう。

あまり親しくもないと思っている人から電話がかかってきたのに、
何も用事がないと言われれば誰でも戸惑うと思います。

そういったことにならない為にも最初のうちは相談が終わったり、
用件を伝えたら早めに切り上げることを心掛けましょう。

電話をする頻度はどれくらい

ある程度気易く電話をかけれるようになっても、
悩むのはその頻度だと思います。

あなたとしては好きな人に出来るだけ多く電話をしたいでしょう。
ですがその頻度が多すぎたら相手の負担になってしまうかもしれません。

電話の頻度の許容範囲は相手の状況や心理状態、
またあなたとの親密度によって大きくことなります。

忙しかったり、しんどいことがあった時に電話をしてしまうと
相手が更にしんどくなるかもしれませんし、
逆にもしあなたに好意があって声が聞きたいと思ってくれていたとすれば
その電話でまだ気持ちを楽にしてあげれるかもしれないのです。

ただまだあまり親しくもなく、相手からの好意がわかっていない状況で
そういった行動をとるのはあまりにリスクがあります。

なのである程度仲良くなるまでは1日に何回もかけたり、
毎日電話したりせず相手の負担とならない頻度を探っていきつつ
Lineなどで親密度をあげるところから始めるといいでしょう。

電話はLineやメールとは違い、声のトーンなどで相手の精神状態などを
感じることができるコミュニケーションツールです。

しっかりと相手の都合や気持ちを考えて、負担にならないタイミングで
電話をすれば今よりも仲良くなることが可能ですし、
電話がきっかけで相手から意識してもらえるかもしれないのです。

好意がある人への電話は本当に緊張してしまうでしょうが、
勇気をだして1度ぜひ挑戦してみてください。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート