恋愛心理における自己開示とは?
恋愛心理における自己開示とは?

人間関係を深めていくには自己開示はとても重要な要素です。

この自己開示を行う際、お互いのレベルを等しくしておかなければ
ギャップが出てきてしまい相手に不信感を与えてしまう
といった結果になるかもしれません。

会話を盛り上げるためにはある程度の自己開示は必須であると言え、
その方法は相手の発言に対し、自分自身の考えや経験したこと、
または感情などを返すといったものです。

また自己開示に重要なのは嘘をつかずありのまま伝える事といえます。

特定の印象を相手にもってもらう為に行う行為は自己提示で、
自己開示とは異なるものなので混同しないようにしましょう。

返報性心理とは

相手からなにかをしてもらったり、話してもらったときに
あなたもなにかしてあげたい、話したいといった
気持ちになることが返報性の法則です。

またプライベートである
個人情報などを開示するほど、相手があなたに好意をもつようになることも
心理学における実験でわかっています。

よって好きな人にしっかりと自己開示をし、相手にそれを返してもらえれば
お互いへの理解や愛情を更に深めていくことができる、と言えるのです。

人によって異なる自己開示の差

男性と女性における自己開示のレベルには差があり、
比較的に女性のほうが積極的に自己開示を行います。

またそれを行う理由も異なっていて男性は相手と仲良くしたいから開示しますが、
女性は話の話題として自己開示することを楽しんでいることが多く見られます。

そして男女関係なく自己開示を行うことを苦手とする人たちも当然いらっしゃいます。

そういった人たちはまず他人に対する警戒心が強く、
相手の行動を必要以上に深読みするといった特徴が挙げられます。

まず自己開示をする前に相手が本当に信頼にたる人物か
長期間に渡って探ろうとするので、
相手と仲良くなるのに時間が掛かってしまうのです。

他にも自分自身や考え方などに自信がない人も
自己開示を苦手としている事が多いです。

自分の好きなところ、自慢できるところを見つけることが出来ず、
そんな自分のことを好きになってくれる人なんていないし、
仲良くもしてくれないはず。

そんな気持ちでいるせいで、本当に仲良くしたいからと
話しかけてくれた人にさえついつい疑いの目でみてしまう、
なんて場合もあるのです。

苦手とする人へ積極的に自己開示しても相手はそのペースについていく事ができず、
お互いにギャップを感じてしまうことになります。

なのでまず誰かとなかよくしたい時は相手の様子を見ることも大切で、
それもある意味相手からの自己開示が苦手だという開示行動だとも考えられるのです。

気持ちを返してもらえるかもしれません

たとえ何とも思っていなかった相手だとしても、
もし告白されたりすれば何となく意識してしまうこともあると思います。

その時は気持ちを返せなかったとしても、
その何となくの意識から相手が気になりだし
最終的に恋人関係に発展するというケースも少なくありません。

自分に好意をもってくれている相手には、
好意で返したくなる心理が働いたともいえます。

そしてもし恋愛の早期成就を望むのであれば、
早い段階で告白まではいかない好意のアピールをすることが大切だといえるでしょう。

それにより、相手もあなたのことを早い段階から恋愛対象として意識し、
結ばれる可能性が高くなるのです。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート