恋愛心理における好きな人といる時の立ち位置について
恋愛心理における好きな人といる時の立ち位置について

例えば恋人と街を歩いている時にどちら側を歩いているか、
なんて意識している人は少ないと思います。

ですが普段一緒にいる時の落ち着く立ち位置は、
無意識のものですがちゃんと心理的な意味があると言われているのです。

立ち位置として頭に浮かびやすいのは、
彼が道路側を歩いてくれたなどだと思いますが、
よくよく考えてみたらいつも彼は大体こちら側にいるな、と気づくはずです。
 
 

右側の立ち位置の意味は

 

一般的に多くのカップルの立ち位置は一緒で、
男性が右側で女性が左側を歩いていることが多いです。

男性が右側を歩くのは隣にいる女性を守りたいという
気持ちからだと言われています。

例えば平均的に右利きの人の方が世間的に多いのも
この立ち位置についての根拠になっています。

利き手側を自由にしておくことで攻撃をされたら対応できるし、
自分の守りたい人を守れるといった心理があり、
それもこの右側の習性に影響しているのです。

そして利き手側を自由にしたいといった人は
その集団においてリーダーシップを発揮したい人と思われます。

また人にはパーソナルスペースがあり、このパーソナルスペースというのは
他人に入られると不愉快に感じる範囲のことをいい、
傾向的に利き手側のほうがこのパーソナルスペースが広いと言われているのです。

恋人同士において主導権を握っている人の殆どはこういった傾向により、利き手側を自由にしています。

左側の立ち位置は

次に女性が多いと言われている左側の立ち位置ですが、
こちら側に立っている人は頼りたいなどの心理が働いていると言われています。

一緒にいる男性に守ってもらいたい、
リードしてもらいたいと思っており、
主導権を相手にゆだねているのです。

最近の男女の立ち位置は変わってきたといわれています

今でも一般的には右側が男性、
左側が女性といったカップルが多いです。

ですが昔に比べれば右側が女性、
左側が男性といったカップルも増えてきているのです。

これは男性の草食化が進んでいるからだといわれており、
利き手側に女性を立たせる男性は、支配欲がないといえるでしょう。

こういった受け身体制の男性には女性から
積極的にリードするような関係が望ましいのです。

何事もバランスが大切

右側に立っていたいという支配欲のある男性には、
頼りたい、守ってほしいなどといった気持ちの強い女性が
当然相性がいいといえますし、

逆に左側を好む支配欲のないタイプの男性には、
その人を守ってあげたい支えてあげたいというタイプの女性が相性がいいでしょう。

お互い主導権がほしい性格の人ならば無意識のうちにそれを取り合い、
そのことで小さな小競り合いになる可能性も考えられます。

必ず相性のいい相手の方がよいというわけではありませんが、
そういった相性あった相手と付き合うことで長く関係が続きやすいともいえるのです。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート