人の恋愛心理によって違うパーソナルスペースとは?
人の恋愛心理によって違うパーソナルスペースとは?

ある一定の距離から人は他人に入ってこられると
不快に感じる距離感があります。

この範囲のことをパーソナルスペースといいます。

こういった心理的な縄張りに侵入されると
嫌悪感やストレスを感じるものですが、
もし侵入してきた相手が親しい人であれば、
簡単にそれを許すことができるのです。

4つのパーソナルスペース

人が侵入を許せない範囲は、
相手との親密度によって変わってくるといわれます。

まず1つめが密接距離。

0㎝~45㎝程度の体に簡単に触ることのできる距離で、
家族、恋人や本当に親しい人間のみが許される範囲です。

2つ目が固体距離。

45㎝~120㎝程度の範囲でお互いに手を伸ばせば
触れることの可能な距離感といえます。

友達同士で話すのであれば大体これくらいの距離だと言われています。

3つ目が社会距離。

120㎝~350㎝程度の距離で身体に触れることは叶わない距離です。

上司の人などと仕事の話をする時などにとられる距離感であるといえます。

4つ目が公衆距離。

350㎝以上の公式な場などでとられると言われる距離です。

そしてこういった距離感には本当に個人差もあり、
また文化や性別によっての違い、状況によっても変わってきます。

そして女性は男性よりも一般的にパーソナルスペースは狭いと言われてもいるのです。

男女による違い

男女の違いとして女性のほうが男性に比べ
パーソナルスペースが狭いということだけではなく、
形も違うことが挙げられます。

一般的に男性はパーソナルスペースが楕円形だといわれ、
女性は円形だと言われています。

男性の範囲の形は横が狭く、前方が広いといった形をしている為、
誰かに前に立たれるととても不快感を感じてしまいやすいです。

好きな人とのパーソナルスペース

好意をもっている相手が近くにいれば、
できるだけ近づきたいものだと思います。

逆に苦手な人が近づいてくるとどうしても避けたくなってしまうものです。

これにより、この性質を利用することで
相手の気持ちをある程度確かめることが出来るという事もわかってきます。

まず方法はとても簡単で相手に近づいて反応を見る、それだけで大丈夫です。

相手に近づくタイミングとしては会話中が一番いいタイミングで、
なにか質問などを投げかけるなどをし、
さりげなく距離を縮めるといいでしょう。

そしてこの時、相手がどの程度の距離感で
不快感を示すか見逃さないことがとても大切です。

この不快感はあまり露骨なものではなく、
無意識による体の反応などで判断すればよいでしょう。

例えば身体を後ろにずらしたり、腕を組んだり、一歩後ろに下がるなどです。

こういった反応が見られた時は、相手に不快感を与えない為にも
すぐに一歩分程度距離をとることが大切です。

そして恋愛感情の判断などにおけるパーソナルスペースの
判断距離でいうと大切なのは45㎝程度の距離であると言えます。

この時45㎝の距離感にあなたがいても不快感を見せていないのであれば、
友達以上の気持ちを抱いてくれている可能性がとても高く、
告白のチャンスだともいえるのです。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート