恋愛心理テストで相手の心を分析しよう
恋愛心理テストで相手の心を分析しよう

相手の気持ちを知りたいけどなかなか勇気が出ず聞けない
といった人は沢山おられると思います。
 

でも好きな人が少しでも自分が好きかもしれないなんて可能性がでてくれば
その人へアピールすることも難しくなくなるかもしれません。
 

そんな時におすすめできる方法の一つが心理テストです。
 
心理テストを好きな人に行うことで話すきっかけづくりにもなりますし、
相手が自分に好意を持ってくれるか知るための判断材料にすることもできるのです。
 
 

相手にどう思われているかわかる心理テスト

 
今から出す料理の店に食べに行きたい相手の名前をあげてください
 
1   中華
2   イタ飯
3   日本食
4   フランス料理
5   エスニック料理
 
 
 
結果
 
1   兄弟のような存在
2   1回お願いしたい遊びの相手
3   恋人
4   尊敬してる人
5   カジュアルな友人
 
 
このような本当に、普通の質問に取られるようなもので心理テストは出来ます。

露骨に心理テストとして聞くのが気まずければ、
一つずつ中華に連れていくなら誰??
なんて形でさり気なく聞くのも手だと思います。
 

なんでそんなこと聞くの?と聞かれても、
私はどの料理かによって行きたい相手が違うから!
といった感じで簡単に誤魔化すこともできるでしょう。

ただこのテストで例外を挙げるとすれば、
もし彼が相手の料理の好き嫌いを知っていれば
それに当てはめて相手を選ぶ可能性も考えられるのです。

これはどんな心理テストでも言えることで、
必ずしもテストの結果が確実ではないということです。
 
 

彼はどの指を選ぶ?

彼の前で手を広げて、
どれか好きな指を引っ張ってとお願いしてみてください。

この時相手がどの指を引っ張ったかによって
彼によってどのような存在がわかります。
 
 
1   親指
何でも話せる相談相手
 
2   人差し指
仕事上のよきパートナー
 
3   中指
ただの友達
 
4   薬指
結婚したいと思える人
 
5   小指
理想の恋人
 
 
この心理テストも彼からどのようにおもわれているかはっきりわかるものなので、
なかなか勇気がだせないと思いますが試してみる価値はあるといえるでしょう。

ただ手に触ってもらう、といった心理テストなので、
ある程度仲良くなってから試さないと
相手が戸惑ってしまう可能性も高いので注意が必要です。

必ずしも絶対ではない

 
 
心理テストは探してみれば沢山ありますが、
絶対に結果通りといったものではありません。
 

いい結果が出たのなら、それを糧に勇気を出して彼に行動を起こすことが大切です。
 
そしてもし悪い結果がでてもそれで諦めず、
変えてみせる!と更に頑張れば上手くいくかもしれないのです。

恋愛心理テストで大切なのはテスト結果ではなく、
その結果を見て勇気を出すきっかけ作りをすることだと思います。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート