今回は、恋愛心理学とLINEを使って男を落とす3つの方法を紹介したいと思います。
1bdc02948197c0352782ba338c1c27e1_s

ミラーリング効果

会話をしている相手のしぐさを鏡のようにまねてみてください。

相手がコップを持って水を飲んだら、あなたも水を飲み、
顔をかいたら顔をかき、髪を触ったら髪を触りましょう。

ここでの着眼点はあくまでも”自然に”です。

あからさまに真似てしまうと「なんだオマエ?」って不信感を抱かせてしまいますからね。

このように相手のしぐさを鏡のように返す事をミラーリングといい、
これを意識する事で「私はあなたに好意がありますよ」という無意識のメッセージを送る事ができます。

これを相手が無意識に受け取る事で良好な関係を築く事ができます。

なおこのミラーリングを使用する事で相手が
あなたに好意を持っているかどうかもわかります。

相手の真似をするのではなく、自らが主導して水を飲んだり、顔を触ったりしてみましょう。

そんな訳で相手が自身と同じ動きをしたら・・・、って事です。

特に食事の場というのは心理的な距離が縮まる場でもありますので、応用してみてください。

フットインザドアドアインザフェイス

男と女の恋愛場面においても応用する事ができます。

例えば、あなたが高級バッグ買って!!というと男性は引きますし、まず断られるでしょう。

けれども、その断ったという心理的なダメージは相手には効いています。
断った事によって、次の機会には、相手に応えてあげたいという気持ちがはたらきます。

じゃあ今度、ごはんに連れて行って!!というお願いをしてみましょう。

すると男性は、「一度断ったし、ご飯くらいなら」とオッケーしてしまいます。

これがドアインザフェイスの恋愛場面での使い方です。

初めに負担が大きめの要求をする事で、次の小さな要求を通しやすくなる。

恋愛においては少々隙があるわがままで天真爛漫なタイプの性格の人はモテやすいですね。

世の中や人間心理は、引っ込み思案で喋るのが下手な人よりも、
押せ押せで社交的、人に要求する人の方が得をしやすいようにできているようですよ。

単純接触影響

これは手っ取り早く言うと、あなたが好きな男性に接触すれば接触するほど、
相手の男性があなたに好意をもってくれるというなかなか好都合な恋愛法則です。

スペシャルな会話やセリフを言う必要性はなく、とにもかくにも接触する回数を増やせばいいのです。

男を落とすためには、会う機会を増やす、LINEの回数を増やす、
電話の回数を増やす
など、いろんな技術で接触回数を増やす事ができます。

ただ、ポイントとしては相手の男性が嫌がるほどしてはいけません。

押しすぎると引いてしまいめんどくさい女扱いされてしまいます。
回数を増やすと言っても男性を嫌がらせない程度にしましょう。

ウザイと思われない程度の回数に抑えて、ゆっくり回数を増やしてみてください。

1つの技法にこだわらず、1日1回会って、明日はLINEだけ、
その次の日は電話など定期的に違うテクニックで接触するなど、その辺の加減は調整しましょう。

男性を好きにさせるポイントはまだまだいろんなテクニックがあります。

男性は接触する回数が増えるごとにあなたの事を異性として意識するようになります。

これで接触回数を増やしておいて距離が近づいてきたと思ったら
LINEのやり取りを既読だけつけて遅らせたりしてみましょう。

そうすると男性は毎日連絡してたのにどうしたんだろう?
とあなたのことを考えるようになってきます。

この状態まで来れば落とすまでもう少しです!!笑

今回の3つのテクニックはいかがでしたか?
ぜひ、実践して感想など送ってくださいね。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート