恋愛において、嫉妬心はどうしても芽生えてしまう感情です。
outline2804_w342h192

特に男の嫉妬は、女性よりも強い傾向があります。

何かとネガティブなイメージが強い『嫉妬心』ですが、
上手く見極めることで、恋愛心理学に使うこともできます。

嫉妬心は、人間としての当たり前の感情です。
それを消すことはできないので、上手く付き合って活用をしていきましょう。

嫉妬は不安からやってくる

男が女に嫉妬心を抱いている場合、女に対して不安を感じている可能性が高いと言えます。
また、自分が劣っていると感じてしまうことによって、嫉妬をしてしまうことも多いようです。

例えば、デートで露出の多い服を着てこられただけで、
他の男の目線を感じ、嫉妬をしてしまうものです。

ときには、自分より容姿が優れている男を見ただけで、嫉妬をしてしまうこともあります。

根本は、彼女のことが好きだからこそ、彼女に離れてほしくないからこそ、嫉妬をしてしまうのです。

彼氏の前で「他の男の話し」はしないでおこう

彼氏を不安にさせないようにすることで、嫉妬を芽生えにくくすることができます。

特に、『他の男の話』は禁物です。

最低限、『他の男の話』については気をつけてあげましょう。

悪気が無かったとしても、「他の男に取られてしまう」と感じさせてしまうと、
一気に嫉妬心の頂点に達してしまうことがあります。

本人にとって、嫉妬と向き合うのは辛いことです。

嫉妬心は仕方の無いことではありますが、
できるだけ生じさせないように心掛けてあげる必要があります。

束縛と嫉妬は違う 束縛男には要注意

嫉妬心を抱いてしまうことは仕方のないこと
ある程度は許容しなければいけません。

しかし、その嫉妬心が頂点を越してしまうと、束縛に転じてしまう恐れがあります。

彼女に浮気をされているような気がして、LINEや電話が大量に送られてくると言う状況にもなりかねません。

ここまで来てしまうと、健全ではないため、距離をおいた方がいい場合もあります。

まとめ

嫉妬心は仕方の無いことです。

男に嫉妬をされる場面は多々ありますが、
その感情を受け入れてあげることで、良い関係を維持することができます。

『他の男の話をしない』など、最低限心掛けてあげることも重要です。

しかし、ときに嫉妬は束縛へと転じてしまいます。

ここまできてしまうと、改めて関係を考えた方が良いと言うことができます。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート