恋愛心理学で腕を組むのはどういった意味があるのでしょうか?
恋愛心理学で腕を組むのはどういった意味があるのでしょうか?

腕を組むという行為は自己防衛を意味します。

なので、腕を組んでいる時は、あなたの意見や願望を拒絶されやすく
あまり良い状態ではないので、少し間をあけて話したほうがいいです。

楽しい時やリラックスしているときは腕を組みませんよね?

腕を組むという行為自体プラスなものではないということを
頭に入れて男性と接するようにしてください。

腕を組む心理状態

腕を組む理由を簡単に紹介します。

・機嫌が悪い時

男性は、機嫌が悪い時にわざと腕を組みます。
これは言い換えると自分のことをわかってほしい。

自分の気持ちを理解してほしいとも言えますので、
相手の話をきちんと聞いてあげることが大切です。

・あなたのことを受け入れていないとき

あなたの意見や話を受け入れていない場合です。

でも、けど、だってとあたまごなしに否定するのではなく、
じっくり相手の意見を聞いてあげて理解してあげることが大切です。

・何か重要なことを考えているとき

男性は何か重要なことを考えているときに腕を組みます。

必死に考えている時に、腕を組みますので、
こうゆう場合はそっとしておきましょう。

良いアイディアが浮かび解決すれば腕を組む行為は自然に解消されますので、
あなたは、優しく見守ってあげましょう。

腕を組む珍しいパターンもある

たいていの場合は上記のパターンでおさまりますが、
例外的に腕を組む珍しいパターンもあります。

それはリラックスしているときです。

男性は、安心感からか腕を組むとリラックスするという人が多くいます。

ですので、ただ腕を組んでいるからといって、
あなたのことを拒否していると勘違いしないようにしましょう。

腕を組んでいる男性を注意深く観察し、珍しいパターンではないか
気を付けることが恋愛心理学的にも大事になってきますね。

腕を組んでいるパターンで見分ける

・通常の腕を組む

片方の腕は、二の腕、もう片方は二の腕の下という
通常の腕組みです。

通常の腕組みの場合は、自然にリラックスしている場合が多いです。

・腕を組んで手を握っている場合

腕を組んで手を握っている場合は、
怒っている可能性が高いので注意してください。

こぶしを握っているときは、力が入っていて
イライラしているパターンが多いですので、
余計なことはしないように注意が必要でしょう。

男性の腕を組むパターンを理解して、
恋愛心理学に活かしてくださいね。

また恋愛心理学の腕を組む違うパターンが
あったら紹介したいと思います。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート