恋愛心理学からみる男性の笑い方

恋愛心理学からみる男性の笑い方

以前、男が笑わないときは本気であるといいました。

では、男が笑っているときは本気ではないということになります。

しかし、がっかりすることはありません。本気ではないことと気がないこととは別です。

男が笑っているときの心理が読めれば、これから恋愛関係になれるかどうかが予想できます。

そこで、会話中の男が笑うときのパターンをいくつか想定して恋愛心理学で分析してみましょう。

今回は、

・明るく笑う

・意味ありげに笑う

・苦笑する

の3つのパターンを想定して考えていきます。

・明るく笑う

明るく笑う男は、心理学的には解放的な性格です。

親和的欲求が強いという表現もするようですが、要するにだれとでもおともだちになりたいということです。

そのために、思ったことをすぐに口に出すという面があります。

悪い言い方をすれば口が軽いということです。

こういう男は、恋愛関係に発展させたければ話の中で本音をひきだすことができるでしょう。

男の顔をよく観察して、目も笑っているようでしたら、かなり脈があるといえます。

・意味ありげに笑う

意味ありげに笑う男は、こころに余裕を持って相手の女性のことをみている可能性があります。

心理学的にはやや閉鎖的な性格です。

自分の感情をおさえることができるので、口がかたいでしょう。

そういう男が安心感があると考える女性もいるはずです。

しかし、こころの中をよむことは難しいといえます。

会話中の男がそういうタイプにあてはまるかどうかは、目をみてみましょう。

目が笑っていなければ、作り笑いをしているわけです。

・苦笑する

会話中に苦笑する男は、気位の高い性格です。

本人は自覚がないことが多いので、他人から反発されても何のことかわからずにいたりします。

そう考えると、憎めないところが多く好感のもてる男だった場合は、相手の女性が教育するつもりでつきあうことも考えられます。

とくに、相手を鼻で笑うような男はともだちが少ないでしょうから、案外うちとけると恋愛関係に発展する可能性がなくもありません。

以上のように、男の笑い方のパターンを3つあげて、恋愛心理学的に考えました。

相手の話をききながらでも、笑い方なら押さえられることがわかったでしょうか。

見分け方は3つだけですので、ためしてみられてはどうでしょう。

これでまた恋愛心理学マスターへの一歩となったのではないでしょうか。

ところで、会話中の笑い方が観察できるようになれば、今度は言動の観察が可能でしょう。

男の言動にはどのような心理がかくれているのでしょうか。

しかし、そのお話は、また別の機会にいたします。