恋愛心理学的に男性が女性を褒める意図とは?
恋愛心理学的に男性が女性を褒める意図とは?

別の機会に、会話中の男の言動についてお話しました。

男の言動の中で褒めるという好意は恋愛心理学からいって、
どういう意味をもつのでしょうか。

いろいろある表現の中でも、もっとも知りたい内容なはずです。

なぜなら、恋愛に限らず相手を褒めるときには、
どこか下心のようなものを感じるからです。

今回は、男女の会話に限定して褒める行為から男の心理を
分析することにしましょう。

ただ、褒めるといってもその内容はさまざまですので、
例によっていくつかのパターンを設定します。

典型的なものを3つあげますと、

・外観を褒める

・能力を褒める

・性格を褒める

の3つのパターンがあるかと思います。
それでは、それぞれについて考察していきます。

・見た目を褒める

男が見た目を褒めてくる場合は、
とりあえずご機嫌をとっているといった感じでしょうか。


男は女性に比べると一般的には他人を褒めることが苦手です。

ですから、この手の褒め言葉にはどこか違和感があります。

もしも、スムーズに見た目を褒める言葉が出てくるようですと、
用心するほうがよいのではないでしょうか。


なにごとにおいても、他人が言葉たくみに褒めてくるときは、
なにか下心があると考えるべきです。

・能力を褒める

男が相手の能力を褒めるときは、
素直に感じたことを口にしていると考えられます。

男は女性より単純ですから、
相手を嫌ってでもないかぎり無意識のうちに、
すごい、などと口にするものです。

そういう場合は、相手の女性に対して、
好意というよりも賞賛のような気持ちがあるでしょう。

とくに体育会系の男子にはその傾向が強いので、
あまり恋愛感情を期待しないほうがよいと思います。

・性格を褒める

男が相手の女性の性格を褒めるときは、
好意をもっている可能性が高くなります。

すでにお話したように、男は褒めることが苦手です。

それにもかかわらず、内面的な内容で相手を褒めるという行為は
難易度が高くなります。

ふだん使い慣れない言葉を使っている様子は、
すぐにわかりますので、下心などを持つゆとりは感じられません。

ここで注意したいのは、男にゆとりがみられるときには、
皮肉をいっているかもしれないことです。

以上のように、男の褒める行為のパターンを3つあげて、
恋愛心理学的に考えました。

相手の話をききながらでも、
なにげない褒める行為から心の中がよめることがわかったでしょうか。

これでまた恋愛心理学マスターへの一歩
となったのではないでしょうか。

ところで、会話というのは座っているときばかりではありません。

立っているときに、ふと気づくとうしろに
男がいることがありませんか。

男が相手の女性のうしろに立つときには
どのような心理がかくれているのでしょうか。

しかし、そのお話は、また別の機会にいたします。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート