恋愛心理学的に男が冷たい態度をとる理由は好きの証
恋愛心理学的に男が冷たい態度をとる理由は好きの証

つきあいたいと思っている男に冷たい態度をとられると
誰でもかなしいでしょう。

しかし、男が女性に冷たい態度をとる場合は
恋愛心理学からいえば気があるのです。

信じられないと思われるかも知れませんが、本当です。

本当にそうなら理由を説明してほしいと思われるでしょう。

そこで今回は、男の冷たい態度について考えます。

冷たい態度をとることが、
本気であることを示している理由を3つあげて説明しましょう。

・本気すぎてゆとりがない

・断られるのがこわい

・恋をしているのを知られたくない

の3つです。

それでは、それぞれについて解説していきましょう

・本気すぎてゆとりがない

本気すぎてゆとりがないというのは、
だれにも心あたりがあるのではないでしょうか。

ないとしても、いずれ経験されるはずですから
楽しみにしておきましょう。

恋愛ものの映画やドラマでもかならずえがかれるのが、
恋する男の不器用さです。

ほかの女性とは平気で話ができるのに、
本気の相手の前では固まってしまうのです。

固まって表情がないので冷たく見えることだってあります。

せっかくお互いに好意をもっていても
これではどうにもなりません。

しかし、本気の恋というのはきっとそういうものなのでしょう。

・断られるのがこわい

外見からして、どう考えても強い精神力の持ち主に
思える男でも弱点はあります。

すでに失恋の経験があれば、
恋愛には手も足もでないこともあるでしょう。

むしろそれは好ましいことなのかもしれません。

このタイプの男は自分がおそれていることを
さとられまいとして冷たい表情になるのです。

もしもお互いに好意をもっていたとしても
道は遠いかもしれません。

しかし、男が相手の気持ちを確認すれば
問題はあっさり解決する確率が高いでしょう。

・恋をしているのを知られたくない

周りの人間に気を使うタイプの男は、
恋愛にまで気を使います。

そう考えて思いあたるのは、
ひとりの女性だけをひいきしたくないという配慮です。

そんな場合に冷たい態度をとるのは、
むしろ好きだからだといえるでしょう。

社会に生きている以上そういう状況は多いといえます。

それは男が誠実であればしかたのないことです。

ただ、お互いに好意をもっていたとしても
わかりあえる機会がもてません。

しかし、恋愛心理学をよく研究して
相手の様子をよく分析してみることでしょう。

以上のように、恋愛心理学によって男の冷たい態度の
理由が理解できたはずです。

好意をもっている男から冷たくされても
がっかりことはありません。

ぜひ可能性に向かって相手の気持ちを確認してみてください。

⇒モテLINE31 恋愛心理に基づいた、女性のためのLINEテンプレート